学科試験の項目一覧

自動車教習の学科試験の項目は大きく第一段階・第二段階に分けられ、その中に教習項目の
カテゴリがあります。
運転免許を取得するためには技能教習と学科教習の両方をクリアする必要があり、
学科教習は座学です。
学科試験で出題される問題はすべてこの学科教習で学んだ中から出題されるため、
内容を把握し、理解しておくことでどんな問題にも対応することができるようになるでしょう。
運転免許を取得した後、実際に一般道路で運転をする際に必要となるルールや知識を得ることが
できますので、学科試験の合格のためだけでなく
正しいルールとドライビングマナーを身に付けて安全な運転ができる人になりましょう。

第一段階の学科試験問題カテゴリ一覧

第一段階は仮免許試験で出題される学科試験問題についての内容が説明されている項目です。
第一段階の項目では、主に自動車を運転する上で基本となる心得や交通のルールについて説明されています。
信号のルールや各標識についての知識など、実際の車道に出て運転する際に必要となる内容から、
緊急自動車と遭遇した場合や踏切で電車が通過する際に遭遇する可能性のあるケースについての説明なども含まれています。
仮免許試験を受験する方はこの第一段階の項目から出題される学科試験問題を解答することになります。

第二段階の学科試験問題カテゴリ一覧

第二段階は仮免許試験に合格し、本免許試験を受験する人に向けた学科試験問題についての内容が説明されている項目です。
第二段階の項目では、応急救護や交通事故、安全な運転計画など起こり得る事故に関わる知識や、
所有する自動車の所有と保険制度、保守・管理など自動車所有者になった際に必要となる知識などが中心に紹介されています。
本試験を受験する方はこの第二段階と第一段階を合わせた中から出題される学科試験問題を解くことになります。
仮免許試験ではなかった危険予測のイラスト問題も本試験では出題されるのでよく学習しておきましょう。

ページ上部へ戻るボタン