エンジンオイル量を確認するために、エンジンをかけてから点検を行った。

  • 解説を見る
  • 正解
    ×
    解説
    大変危険です。エンジンオイル量の点検は、エンジンをかける前か、エンジンを止めてから数分たって、十分にエンジンが冷えてから行いましょう。
    参考
    国家公安委員会告示『交通の方法に関する教則』 第4章 第3節 「自動車の点検」参照。
    ジャンル
    車の機能や運転者の能力
    最終更新日
    2015-05-20
    正解数/出題数
    23076/27175

ページ上部へ戻るボタン